あららら日記 Feed

2010年5月18日 (火)

マシンを分割

昨年末から、同一マシン上で Linux 、Windows7 を同時に使っていました。
VMware Player を使った仮想化環境です。
が、アプリの不都合で切り離しをせざるを得なくなりました。
ゼンリンのデジタウンを酷使すると転けたり眠ってしまったりと。
仮想化は保証しませんと明記されていれば文句も言えず、
仕方なくWindows7の専用マシンを誂えることにしました。
パソコン工房でOS無しのそこそこのマシンを調達してきました。
安かったですよ。
LesanceDT i3540RAMwoP というモデルです。
Core i3 3.06GHz
DDR3 4GB ←2Gは追加
HDD:500GBx2 ←500GBは追加
DVD R/W
Video Card:NVIDIA GeForce GTS 250G ←手持ち在庫
モニター:19インチと17インチのデュアディスプレイ ←手持ち在庫
で構成。
ここまでは良かったのですが、OSを放り込むのに一苦労。
Vista をインストール →電話で認証→アップグレード
→ Win7 をインストール → 電話で認証 → その他
結果、まともに使えるようになるまで、足掛け3日かかりました。
難しい、、、、。
Windows の単独マシンを持つのは、ほんと15年振りです。
今は、快調に稼働しています。
Linux マシンの方はOSを変えて仮想化するつもりです。
XPでもぶち込もうかと考えています。
仮想化環境は便利の良さで重宝していますので。 


2010年3月26日 (金)

仮想化環境の実態報告

昨年から、仮想化環境の元でいろんな作業を快適にやってます。
が、
実態は当初思ってたのとはかなり違うものになってしまいました。
(悪い意味ではなく、良い意味でです。)
当初は、デュアルブートの改良型のデュアルモード的な発想でした。
つまり、一々再起動せんでも、どちらかを常に使える的なものです。
(キー一つでLinux 環境とMS-Windows環境の往還できる。)
こっちか、
Linux
こっち。
Windows
の、どっちかを使っている、というのが当初の想像でした。

が、実際、使ってみると、一番多いのは、次の環境、
Virtualview
Linux 環境でMS-Windows環境を利用している状態でした。
つまり、Linux環境上に展開される作業窓のうちの一つに
MS-Windowsの作業窓が開いている、という使い方です。

感覚的には、
LinuxにMS-Windowsが取り込まれてしまっている、
と言うのが一番良い表現かも、です。
つまり、MS-WindowsもLinux 上で稼働する幾つものアプリの
一つになってしまっている。
そんな状態です。

2010年3月 7日 (日)

PCの仕様

PCの仕様をアップしましたが、
書いとかないと忘れるので、、、。coldsweats01

で、新しい(*)環境は、
Mother Bord:ASUS P5K-V
CPU:Intel Core 2 Duo Processor E6600 2.40GHz 1066 MHzFSB 4MB L2 Cache
chipset:intel G965 Express chipset
Memory:4GB
 ①Memory:GH-DV800-1GBZ (GREEN HOUSE)
   (PC2-6400 240pin DDR2 SDRAM DIMM 1GBx2=2GB)
*②Memory:KINGBOX
   (PC2-6400 240pin DDR2-800 1GBx2=2GB)
HDD: SATA *320GB、500GBx2=1,320GB (Seagate)
*Graphics card: ELSA GRADIAC GTS 250G
(Powered by NVIDIA GeForce GTS250 1GB)
DVD RW: Pioneer
Monitor:Dell E228WFP LCD Monitor
            (1680x1050)
*電源:SCYTHE KMRK4-650A MaxLoad 650w
OS:
Ubuntu 9.10 =1,320GB HD
  VMWare Player 3.0 ( Win 7 pro)
となりました。happy01
結果、余りは、
①Graphics card: GIGABYTE GV-NX53128D
  (Powered by NVIDIA GeForce PCX 5300 GPU)
②Graphics card: ASUS ENGT240 (1GB)
  (Powered by NVIDIA GeForce GTS240 1GB)

 400W電源
他に筐体2個、モニター2個 余ったのが有るけど、、、、
泥沼に入るのはやっぱ止めとこ。coldsweats01

2010年2月 4日 (木)

誕生日

忙しくて忙しくて、日記やブログの更新忘れてました。
※日記は専用ソフトを作って自宅のサーバに記録しています。

本当は、2月1日が誕生日なんですが、
あいにくその日が忙しいということで、
前日の31日になりました。
鯛のお頭つきの懐石膳でした。

(「山の神様」と仲良く、、、、、)
Iwai

2009年12月19日 (土)

久方ぶりに迷宮の謎解き

今日の午前中までで、
サーバー並びに仮想化サーバーの設定も終わり、
旧サーバーからデータ類を全部移し終えました。
通常マシンと仮想化マシンのネットワーク設定も終わり、
ようやくシステム関連の設定が一段落致し、
本格稼働体制に入りました。happy01
旧サーバーを止める事ができます。

で、細々ツールの設定に入いりました。
が、その初っ端で躓きました。
グループウェアの設定です。
10月初め頃設定した時は、確か簡単やったはずでしたが、
あらためて設定しようとすると、????の連続です。sad
旧サーバーの中身を見ても説明書の痕跡は全く無し。
どうやって設定したの???状態になりました。
一つ一つ旧サーバーの中身を見て推測しながら設定をやってみました。
昼から夜までのほぼ1日がかりでようやく設定が終わりました。
最後の起動させるためのエンターキーを打つときの心境は、
「神様、お願い!!」coldsweats01
モードでした。
が、無事に起動してくれました。
そして、データの移設も終わり、
新サーバーで稼働を始めました。happy01
Groupsession

2009年12月16日 (水)

何とか間に合った v(^ ^)

危なかったサーバーのデータの抜き出しが漸く終わりました。
データベースサーバーと Windows 用のファイルサーバーとして使っていました。
データベースもファイルも移設が終わり、新サーバーの方で稼働始めました。happy01
どたばたでしたが、無事に終えてホッとしています。happy01

今日も、作業途中でハングし、5回程の再起動をかけ、やっと起動する有様でした。coldsweats01
ヒヤヒヤのおっかなびっくり状態の中での作業でした。coldsweats01

もう、余り永くは持たないとは思います。
今まで、非力なスペックで、ほんと良く頑張ってくれました。
このマシンには感謝してもしきれない程、ほんとお世話になりました。
感謝!感謝!でした。

時間が取れたら、
壊れた「山の神様」のマシンと合体させて蘇らせようと思ってます。happy01

2009年12月14日 (月)

サーバーの仮想化

サーバーOSの制約から当初の計画からは変わりましたが、think
目的のサーバー群を仮想化できました。
複数のサーバーOSが同一マシン上で稼働を開始しています。happy01
急ぐつもりはなかったのですが、
現在稼働しているサーバーマシンが少し危ない状態になりつつあり、
起動に2~3回失敗するようになりました。
で、データ類を移転するために代替サーバーの製作にかかりました。

(デスクトップのWindow状態)
Desktop
(フルスクリーン状態)
Screenshot

Window状態ならシームレスに行き来できますし、
コピペも普通どうりできます。

世の中、まずは、パソコンからサーバーまで、
こんな仮想化環境になるのは間違いないですね。

ネットワークシステムは、
クライアントサーバーから、
サーバーサイドに移行し、
次のシンクライアントかクラウドに進んでいく、
んだと思います。
その中で、仮想化技術はさらに進化をとげていく?
んでしょうね、きっと。

2009年12月 8日 (火)

仮想化環境のWin7とSambaサーバとのLAN設定

Ubuntu と WinVista とのデュアルブートを止め、
VMWare Player 3 を使って、
Ubuntu をホストOS Win7を ゲストOSとする、
仮想化環境を先日構築しました。happy01

その過程でWinVistaのデータをSambaサーバへバックアップしていました。

仮想化環境はできたがデータの復旧が、、、、、。
いざとなれば、DVDに焼いたりUSBで移したりもできるのですが、、、
それでは、気持ちが許してくれません。angry

他の諸々の手続きも終わりましたので、
昨日からネットワークの設定に取りかかっておりました。
が、Win7のネットワーク設定の仕組みが判らず往生こいていました。

Win7のネットワーク設定方法は何とかわかり?ましたが、それでも上手くはいきません。
ローカルエリアでアドレス設定を行うと、???となってしまいます。

結果は、VMWare 側の Network Adapter の設定が間違っておりました。
NAT → bridged に変更して設定が反映されました。coldsweats01

結果、SambaサーバのWindowsファイルを利用できるようになりました。
Lan
Lan2

これで仮想化環境ほぼ完了です。happy01

後、残すのは、本サーバ群の設定です。
Linux Server と Win 2008 Server の仮想化です。
できるかどうかは、やってみないと判りません。coldsweats01
が、大元のサーバが元気なんで、急ぐ必要はまったくありません。

取りあえずは、挙動確認のため、
Win 2008 Server を動かしてみるつもりです。coldsweats01

EPSON EP-802A は代替ドライバー(EP-801A)で

先日買ったEPSON EP-802AのLinux用のドライバーは無いと思ってました。coldsweats01
が、駄目元で、試しに、
EP-801Aのドライバーでプリンター設定をやってみましたら、、、
認識しちゃいました。happy01

(テストページ)
Test
(試しのWebページ)
Test2
今のところ、その他も、問題なく、印刷できています。happy01

EPSONは機器情報のオープンが早いので、
EP-802A対応ドライバーもすぐリリースされるでしょう、きっと。happy01

2009年12月 1日 (火)

ドメイン名確定 v(^ ^)

依頼先より、

「ご依頼頂いておりましたお客様ドメイン名(irishome.co.jp)の本登録が
 完了いたしましたのでお知らせいたします。」

と、本日連絡がありました。sign03

これで、正式に各サーバが本格稼働OKになりました。happy01

ので、東京から帰ったら、移植作業に没頭できます。happy01

取りあえずのσ(^ ^)のWebページは、

  http://www.irishome.co.jp/manpou/index.html

に移しました。coldsweats01

2009年11月24日 (火)

仮想化環境から印刷できた

昨日、プリンターを買い替え、ネットワーク設定を行いました。

まずは、「山の神様」のパソコンを印刷可にいたしました。

で、今日、仮想化環境上のWindowsからの設定を行いました。
なかなか設定方法が??でしたが、
最後は手動でIPアドレス指定で認識させました。
Print

テストページからWebページ問題なく印刷できました。happy01
次は年賀状ソフトを入れて喪中案内の印刷です。
P1100564

2009年11月21日 (土)

久方振りの JW-CAD

ここ数年、CADを使う用事が無かったもんで、久し振りに使ってみた。
σ(^ ^)ん家の間取り図がここ数年行方不明になったままだったので描いてみました。

久しく使って無かったんで、
描けるかどうか、ちょっと??でしたが、
描き出すと手が独りでに動いていきます。coldsweats01
2時間ばかりで、間取り図が出来上がりました。

こういう職人的な技術は、
頭じゃなくて体で覚えているんですね、
改めて理解できました。happy01

2009年11月15日 (日)

懐かしい記事。これから始まった。

今、おでん食べながら、焼酎をちびりちびりやってます。coldsweats01

昨日から、隣の8畳の片付けをしていましたら、
今から13年前の雑誌の切り抜きが出てきました。
Pc_unix
Pc_unix2
"DOS/V magazine 1996-2.1 371ページ
PC-UNIX 登竜門 Linux のインストール"

Cプログラムのコンパイラ関係で教えてもらったPC-UNIXの存在。
それを始めて目にした記事でした。
Slackware のインストールの説明で、
コマンドばっかりです。
root  ?? 何?これ?

当時、パソコンを始めて半年足らず。
Windows95 世代で、MSーDOSも知りません。
当然、コマンドなんてチンプンカンプンでした。
でも、きっちり記事を録っていたんですね。
全くチンプンカンプンでも、
余程、インパクトが有ったんだと思います。
σ(^ ^)のPC生活を根本から変えた記事です。happy01

そして、この記事の翌年、
自由を求めて飛びたちました。FreeBSD のインストール。

それから、
MS-WindowsXXとPC-UNIXのバイリンガル生活が始まり、
結果、今じゃ、殆どPC-UNIXでこと足りるところまで。
おまけに、PCのみならずサーバまで扱えてます。

パソコンとは直接は関係ないですが、
起業も、このノウハウなくしてはあり得なかったと思います。
σ(^ ^)の運命を変えたたった4ページの雑誌記事でした。
自由を求めて!!

2009年11月 4日 (水)

懐かしい xsnow

昔、PC-UNIX を始めたばかりの頃、
xsnow というスクリーンセイバー?に出会いました。
余りにも幻想的な世界に引き込まれ、
子供達と時間の経つのも忘れ、
眺めていたのを思い出しました。
それをインストールしました。
Xsnow
これをまた見るの何年ぶりですかね?
画像では良さが判りにくいですが、
見ていてほんと飽きません、癒されます。happy01

今、新たに、torrent 使って

Ubuntu 9.10 i386 japanese

をインストールして、設定している最中です。coldsweats01

先日入れたのは本家判で、今回の日本版です。
こっちゃの方が使いやすいです。

2009年11月 3日 (火)

VMware Player 3

VirtualBox で仮想化環境を作り上げました、、、が、
7年前のWeb に VMware との悪戦苦闘記録がありました。coldsweats01
で、ついつい、今は、、どう?なん、、、、の悪い癖が、、、。
別のσ(^ ^)から、「今、そんなんやっとる暇あるん?」
と、きついお叱りが、、、、。
で、「ごめん!」と頭を下げて顔を上げたら、、、
VMware Player 3 がインストールされてました。coldsweats01
溢れてしまったバカ窓7を取得し放り込み。
(余程売れてないんやろね、、)

起動画面
Vmwarescreenshot

結果は、歴史の古い VMware Player の方が良いみたいです。
OSが違うので一概には言えませんが、
動きは軽くて、最初からシームレスモードだった。
VMware を起動させると VirtualBox がフリーズするという現象も発生。
Vmware には何ら影響はありません。

ので、結果的にはより安定している VMware Player 3 の方を
仮想化環境で採用しようと考えています。

2009年11月 2日 (月)

遂にσ(^ ^)の Server が稼働を始めました。

今日、
独自ドメインでのレンタルサーバが稼働を始めました。happy01

昨年から準備を始め、アプリの開発を行ってきました。
が、まだアプリの準備が整っていません。coldsweats01
なので、稼働確認のため、
削除していた昔の古いWebを放り込んでみました。

PC-UNIX関連(FreeBSD と Linux)です。
ほんと、自分でも見るのは数年ぶりです。
無茶、懐かしい、、、です。happy01

FTP使うのも、久方振りでした。

Screenshot

Freebsd

Linux

ほんと、無茶懐かしくて、目頭が熱くなりました。coldsweats01

アドレスは、下記のURIです。
   http://www.irishome.co.jp/

これからぼちぼちサーバ構築に取りかかっていきます。
が、それでもオープンできるのは、
早くて来年1月くらいになるでしょう。

2009年11月 1日 (日)

Webブラウザの Opera と Google-chrome

最初に結論:インターネットエクスプローラーは、1週1年とすると、

他のどの Webブラウザと比較しても、

5~6週は間違いなく遅れているんじゃないかと思えます。

更に悪いことは、

世間の忠告はほとんど理解すらしていないようですし、

そのため、改良の努力をしていない(放棄?)しているので、

これから更にどんどん遅れていくだろうなと思われます。

ただ、見てくれだけは、他の Web ブラウザの猿真似はするとは思います。

以下、本文:

これまで使ったことのある主なWebブラウザとしては、

・Netscape Navigator   ・Internet Explorer  ・FireFox  ・Safari

でした。

使い勝手では、FireFox。 デザインでは、Safari。

その他は、??と思っていました。

でも、これら以外にも、

Opera なるものの噂は聞いていましたので、

今回、試してみました。

  ↓ Opera の画面です。

Opera

結果、デザインはSafari 並み、

使い勝手もSafari 並み、

IE 等より遥かに良いです。

馬鹿 IE と比較すると、Opera さんから怒られるかも。

最近出た Google Chrome も使ってみました。

Google

デザインは、あっさり系ですね。

サポートはきっちりしているようです。

全てでこけているのは、IE だけみたいです。

おまけにセキュリティは穴ぼこだらけ。

Internet Explorer の在り様が、

そのまま、

マイクロソフトの企業姿勢そのものみたいですね。

弥生会計を入れてみました。

Virtual_Vista に弥生会計をインストールしました。
弥生会計スタンダード09の製品版を持ってはいますが、
お試し版をダウンロードしインストールしてみました。
Yayoikaikei
取扱いは、
正規版の分厚い「操作マニュアル」を見ながらやってみます。
ちゃらんぽらんなσ(^ ^)ですが、こう見えても、一応、
簿記の全商1級と日商2級の商業簿記工業簿記を持っております。
日商1級も勉強だけはしております。見直しました?
が、それって何時のことなん? と聞かれると、、、、、。
ま、頑張ってみましょう。

Virtual_Vista での IE8

仮想化環境になったからと言って、悪魔のIEが良くなる訳ではないですね。

どうしようも無い馬鹿IEとは判っちゃいても、

駄目さを試してみました。

が、もう、見られたもんじゃありません。

IEを無視したσ(^ ^)が悪い?

馬鹿IEが悪い?

一番悪いのは、IEをリコールしないマイクロソフトに決まってますけど、、、。

マイクロソフトのIE開発者が泣き事言ってるようですけど、

泣き事言って、良くなる訳じゃないし、罪が軽くなるわけでも無いんで、

悪いと思うなら、

ゴミばら撒いた責任とって、世界中からきれいに回収してほしい。

なんで、こんな基本的な事を反映できんのでしょうね、IEは。

存在すること事態が、もう悪魔ですね。

アプリ開発者にとっては、テロリストより悪いインターネットエクスプローラです。

こんなこと書いて憂さ晴らししてるのもほんとアホらしい、、、。

これ書いてるの、Virtual_Vista の IE8 からです。

ほんと、センスのない最悪のデザイン、、、ですね。

仮想化(Virtual)Vistaへのアプリの放り込み

シームレス化環境が整いましたので、

仮想化Vistaへ、アプリを放り込みました。

と言ってもそんなに持っていませんけど。happy01

 ・Ms Office 2003 pro
  ・ゼンリン電子地図帳 Z10 
 ・筆まめ

だけです。
仮想化Vistaの中でちゃんと稼働してくれています。

Winvista

あと、弥生会計を入れてみようと思っています。


MyWeb

ウェブページ