« ■ 明けましておめでとうさんです  (^▽^喜) | メイン | ■ 初詣の梯子しちゃった! (^▽^喜) »

2013年1月 2日 (水)

PC環境、仮想化でようやく完全復旧

昨年のクリスマス明け、
MS-WindowsPCがおしゃかになりました。crying

以前は、LinuxOS上でMS-WindowsOSを稼働させていました。
が、あるWindowsアプリが仮想化環境では正常に動かないことが分かり、
別途Windows用のPC(今回壊れた)を調達して分家させ、2台体制にしました。
Linux専用PCとMS-Windows専用PCの2台です。

でも体は一つですので、両方使うのははっきり面倒でした。
両方いつも立ち上げてあっち向いたりこっち向いたりと、、、。wobbly

で、今回、またPCを買って2台体制の復旧はしたくなかったので、
以前とは逆の仮想化環境を構築することにしました。confident
これならPC1台で、楽々両方の用が足せますhappy01

つまり、
MS-WindowsOS上に仮想化環境を作り、
そこでLinuxOSを稼働させることにしました。happy01

結果:
ホストOS:MS-Windows7
ゲストOS:Ubuntu 12.10
仮想化:VMware Player5(非営利目的の使用のみ)
(注)Ubuntuの以前の環境はバックアップから復旧させました。

 ↓ VMware Player の起動
Nana_11

 ↓ ゲストOS Ubuntu の起動
Nana_10

 ↓ ゲストOS上でアプリの起動
Nana_08

 ↓ ホストOSのデスクトップ全体(右のWindowがゲストOS)
Nana_07

これで、1PCで2つのOSを使える環境が整いました。happy01
(3つ以上のOSでも可能です。)
一番便利なのは、データのやり取りです。
画面上でコピペでもドラッギングでもデータの移動転写がシームレスにできます。happy01

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

MyWeb

ウェブページ