« 2010年2月 | メイン | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月26日 (金)

仮想化環境の実態報告

昨年から、仮想化環境の元でいろんな作業を快適にやってます。
が、
実態は当初思ってたのとはかなり違うものになってしまいました。
(悪い意味ではなく、良い意味でです。)
当初は、デュアルブートの改良型のデュアルモード的な発想でした。
つまり、一々再起動せんでも、どちらかを常に使える的なものです。
(キー一つでLinux 環境とMS-Windows環境の往還できる。)
こっちか、
Linux
こっち。
Windows
の、どっちかを使っている、というのが当初の想像でした。

が、実際、使ってみると、一番多いのは、次の環境、
Virtualview
Linux 環境でMS-Windows環境を利用している状態でした。
つまり、Linux環境上に展開される作業窓のうちの一つに
MS-Windowsの作業窓が開いている、という使い方です。

感覚的には、
LinuxにMS-Windowsが取り込まれてしまっている、
と言うのが一番良い表現かも、です。
つまり、MS-WindowsもLinux 上で稼働する幾つものアプリの
一つになってしまっている。
そんな状態です。

2010年3月21日 (日)

えらい暖かし、、、、。

桜も例年より早く咲いているようですし、
庭の生垣の紅かなめももう真っ赤になってます。
戸畑あやめも、
Ayame
花菖蒲も、
Hanashoubu
日に日に大きくなってるみたいです。happy01

2010年3月16日 (火)

2ヶ月ぶりの散歩

以前は、あれほど散歩していたのに、ここ2ヶ月というもの、とっとご無沙汰しておりました。

今日は、2ヶ月ぶりにお礼方々散歩に行ってきまいりました。
梅も水仙もとうに終わり、モクレンが早散り始めています。
Mokuren
彼岸桜も咲いていました。
Sakura
あやめ畑の「戸畑あやめ」たちです。
Ayamehatake
σ(^ ^)のあやめ達もしっかり芽を出しています。
Ayame_2
花菖蒲も元気です。
Hanashoubu
階段の隙間に生えたすみれの花も綺麗です。
Sumire
ほんと、春の芽吹きは凄いですね。

2010年3月12日 (金)

新しいRSSソフト Fresh Reader

今日は、日経Linux 4月号の発売日?
(12日が発売日と勝手に決めています。)
なので近くの書店へ。
最近、棚の「日経Linux」の冊数がえらい増えたと感じます。
※去年の今頃は、棚に5冊くらいしか無かったのにです。
※購読者が増えた?

内容見て、
個人ベースのクラウド環境の構築の特別企画には、正直たまげました。sign02
仮想化環境がうんてらかんてらだと言ってる間に、
世の中はクラウド環境に向かってまっしぐらに突き進んでる、
みたいですね。
※ま、仮想化の真髄はクラウドにあるでしょうから、、、。
※PC端末のクラウドは擬似クラウドと思ってます。

10年後には、世の中からパソコン消えて、
端末とクラウド利用権を買う、
ような世の中になってるかもですね。
どっちにせよ、
間違いなく、パソコンの時代は終わりつつある、
のは間違いないようで、
遅かれ早かれそうなるような気がしてます。
そして、その次は、
端末すら無くなって、仮想端末になってることでしょう、
きっと。

って、その話じゃなくて、
新しいRSSソフト Fresh Reader の紹介があってました。
で、早速、放り込んで、使ってみました。
PCは、仮想マシン含めて4台ありますので、どの端末からでもアクセス
できるのは便利ですね。happy01
Freshreader
WebベースのサーバーサイドのRSSアプリです。
(Webサーバーが必要です。)
外部のインターネット環境にサーバーを置けば、
携帯からでもアクセスできる由。

M$-Windows ユーザーの方で、
サーバーマシンが無くても、
XP pro に Apache と PHP を放り込めばできるみたいですよ。happy01

2010年3月11日 (木)

昨日の大雪情報は、1週間前には知っていた?!

昨日は、我が家の近くでも5cmほど積もりました。

けど、この大雪情報は先週の3日には知っていました。
”ありゃー! 9日・10日は大雪じゃが!!”
と、合馬の直売センターのおじさんが話してました。
何で知っているのかは??です。
農業関係の専門の天気予報かなんかがあるんでしょうかね。
それとも気象庁の長期天気予報?

は、ともあれ、金比羅山も
Konpirasan
戸畑あやめも、
Ayame
花菖蒲も、
Hanashoubu
雪まみれでした。
山の神様は”猫”状態です。

2010年3月 7日 (日)

ホッとしました!!

何をホッとしたかというと、
発芽を心配してた3鉢の花菖蒲、
今日、しっかり芽が出ているのを確認できました。
これで、4鉢全部芽がでました。
心配が一挙に4倍の楽しみに変わりました。
どんな花を咲かせてくれるんでしょうね!!happy01
Hanashoubu_1
Hanashoubu_2
Hanashoubu_3
Hanashoubu_4

”戸畑あやめ”も芽が大きくなってます。
Tobataayame

PCの仕様

PCの仕様をアップしましたが、
書いとかないと忘れるので、、、。coldsweats01

で、新しい(*)環境は、
Mother Bord:ASUS P5K-V
CPU:Intel Core 2 Duo Processor E6600 2.40GHz 1066 MHzFSB 4MB L2 Cache
chipset:intel G965 Express chipset
Memory:4GB
 ①Memory:GH-DV800-1GBZ (GREEN HOUSE)
   (PC2-6400 240pin DDR2 SDRAM DIMM 1GBx2=2GB)
*②Memory:KINGBOX
   (PC2-6400 240pin DDR2-800 1GBx2=2GB)
HDD: SATA *320GB、500GBx2=1,320GB (Seagate)
*Graphics card: ELSA GRADIAC GTS 250G
(Powered by NVIDIA GeForce GTS250 1GB)
DVD RW: Pioneer
Monitor:Dell E228WFP LCD Monitor
            (1680x1050)
*電源:SCYTHE KMRK4-650A MaxLoad 650w
OS:
Ubuntu 9.10 =1,320GB HD
  VMWare Player 3.0 ( Win 7 pro)
となりました。happy01
結果、余りは、
①Graphics card: GIGABYTE GV-NX53128D
  (Powered by NVIDIA GeForce PCX 5300 GPU)
②Graphics card: ASUS ENGT240 (1GB)
  (Powered by NVIDIA GeForce GTS240 1GB)

 400W電源
他に筐体2個、モニター2個 余ったのが有るけど、、、、
泥沼に入るのはやっぱ止めとこ。coldsweats01

2010年3月 5日 (金)

吹っ飛んだぁあーーーー!!

今年になってから、PCの調子が今一つでした。
何か反応が今一つ遅れ、変な音が時々、、、と。
でも、忙しくて、ついつい無視して酷使していました。coldsweats01

が、昨日、ついにSATA1のHDDがお釈迦になってしまいました。crying
起動すらしないので、Ubuntu CDから起動しハードのチェック。
認識はするけども、不具合箇所が多すぎて使い物にならないとのこと、、、。weep
そんなこと言われても、仕事はせにゃならんので、
ノートPCをWモニターにし、何とか処理は終わらせました。

そして、今朝一番で部品を調達ついでに、
電源・メモリー・ビデオカードをアップグレードいたしました。happy01

基礎業務は出きるようにし、業務処理を行い、
現在、その他の復旧にかかっております。happy01
ただ、問題が、、、、
何をしてたんだろう??? 
いろいろやってたから、、、分からない。coldsweats01

2010年3月 3日 (水)

我が家の庭にも春が来てた。

ひな祭りなのに、我が家のイルミネーションはまだ灯ったままです。coldsweats01
このままだと、ズーッと春が来ないままになりそうで心配です。coldsweats02

ら、我が家の「戸畑あやめ」が芽吹いておりました。happy01
絶滅を免れた戸畑あやめの数少ない株の内の、その2株が、我が家の庭で育っています。
その戸畑あやめが芽を出していました。
Ayame1_2

Ayame2_3

Ayame3
しっかり芽を出しています。
ハナショウブの方は、
Hanashoubu
大きな株は芽吹いていましたが、小さい株は??です。

でも、我が家の庭にも間違いなく春が来ています。
なので、今日でこの冬のイルミネーションは収めます。

合馬の三岳梅林に行ってきました。

ここ2ヶ月近く、家に閉じこもって、パソコンと睨めっこばかりしておりました。
見かねたのか、「山の神様」に外に引っ張り出されました。
自宅から30分ほどの、小倉南区の合馬にある、
 三岳梅林公園(みつたけばいりんこうえん)
に行ってきました。
Sekihi
1週間前が一番の見頃だったそうです。
Kanban
合馬(おうま)は筍の産地です。
この看板と地元の直売所の説明を読んで、
「へー! あの笠地蔵の昔話はここだったん!!」
と知りました。
この看板の真ん中ころに描かれている”バチ笠地蔵”がそれです。
どんな話か、かいつまむと、
昔、昔、あるところに、心優しい老夫婦がいたそうな。
年の瀬迫ったころ、年の瀬の足しにしようと、
野良仕事の合間に作ったバチ笠を街に売りに出かけたそうな。
雪のぽっこり降る日で、道中に六地蔵様がおられたけれど、
それはそれは雪を被って、寒そうでしたとのこと。
おじいさんは、それを見兼ねて、雪を払い、
売るはずの笠をお地蔵さんに全部被せてあげたそうな。
帰ってその話をおばあさんにすると、おばあさんも、
それは良い事をしたと一緒に喜んでくれたそうな。
でも、老夫婦には、お正月のものは何も揃えることはできませんでした。
と、その晩遅く、
家の土間に、酒樽や米俵他いっぱい投げ込んで行く者がいたそうな。
驚いて外に出てみると、雪の夜道を、
笠を被ったお地蔵様たちが帰って行くところでした。

というお話の笠かけ地蔵のお話は、ここ合馬の伝承だったんですね。
時期は過ぎても、梅の花は綺麗でした。
Umenohana
それと、こんなものも有りました。
Taketanzaku
近在の子供たちが書いた、竹短冊の俳句です。
うめの花 とてもかわいい きれいだな
えだの先 うぐいす鳴いて 春が来た
六年と 竹ふだかけて はるがくる
うめの花 早くさけさけ もう春だ
ウグイスが 梅の小枝で 春告げる
春きたら うめがいっぱい さくんだよ
春がきた うぐいすおしらせ ホーホケキョ
うめのはな とりもうっとり いいかおり
三(みつ)たけで うぐいすなくよ かわいいな
うめにおう はるまちどおし きれいだな
梅の花 風に揺られて 花便り
うぐいすが 空しく鳴いて 悲の春か
うぐいすが 鳴けばもうすぐ 春が来る
梅林に 竹札かけて 夢願う
春近し 卒業間近 別れあり
うめの花 においで春が やってくる
うめの花 いっぱいさいて くださいよ
春が来る うめの木全部 満開だ
日梅の かおりまうころ 満花だ
春が来て うぐいす うめと あそんでる
はるがきた たけのことれる でっかいや 
さむいとき あまざけのんだら ほっとする
うめの花 きれいにさいたら 五年生
夕焼が 梅林の梅 そめている
梅ほ花 新春告げる 春の使者
梅の花 早く咲いてね つぼみから
梅の花 赤白ピンク きれいだな
うめの花 今年もあなたが 一番だね
うぐいすと 梅がそろえば もう春だ
うめの花 たくさんさいて うれしいな
梅の花 散ったらその後 卒業だ
梅林に ウグイスの声 鳴りひびく
春風が 起こしてくれた 梅の花

ま、うまくはないですが、
素朴で良いと思いました。

MyWeb

ウェブページ