« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

戸畑あやめ その2


「戸畑あやめ」の育て方も教わりましたので、Webにアップしました。

いち度に4株もいただきましたので、大切にして増やしたいと思います。
ほんと、来年の5月が楽しみですね。smilesmile
でも、管理が悪く、
結果、咲かんかったら、、、どうしよう、、、、。shockcoldsweats02

2008年11月29日 (土)

戸畑あやめ (その1) いただきました。

ついに、
伝説の幻の花、「小澤見野の小杜若(こぞみの の こかきつばた)」、
通称「戸畑あやめ」の苗をいただきました。smilesmile
ほとんどの方は、苗だけ貰ってましたが、
不精なσ(^ ^)は、鉢植のものをいただきました。shocksmile
;;材料代500円別途必要です。

持ち帰って、水が下から抜けるまで、水をがっぽりあげました。


幻の花

戸畑あやめ


6月にいただいた花菖蒲の鉢と並べて置いています。smilesmile


花菖蒲と仲良く


来年の、5月が楽しみですネ。smilesmile

2008年11月27日 (木)

うちの会社の凄い女性軍! (その2)

今日、資料棚を探して、昔の教本
  EXCEL95(そのI、そのII)
を与えました。
ま、これで十分でしょう!smilesmile

でも、
どういう思考回路をしているんでしょうかね?
理解に苦しみます、、、、shockcoldsweats02



;;EXCELのグラフ機能を使って作ったグラフじゃなくて、
;;手作りのお絵描きグラフでした。shockcoldsweats02
;;パッと見た目にゃ、気づきません。

そうそう、「おっぱいバレー」も貸しました。
男の子を持っていますので。smilesmileshockcoldsweats02

うちの会社の凄い女性軍!

先日のこと、、、、、。
女性軍:「ちょっといいですか?」
σ(^ ^):「なんな?」
表計算のEXCEL使ってました。
入社して4年になる、ちょっとお姉さんの女性です。
女性軍:「このグラフの線の色を変えたいんですけど?」
σ(^ ^):「あーそれは、こうするんよ。」

σ(^ ^):(ん!?、、、??)

σ(^ ^):「なんね、これ?」shockcoldsweats02
女性軍:「あっ! 内緒ですよ!」smilesmile

σ(^ ^)、内緒もなにも、開いた口が塞がりません。
EXELで凄いグラフ作ってました。

こういう発想もあるんですね、初めての経験です。
;;女は判らん、、、、。

どういうことかと言うと、
EXCELのグラフ機能を使って作ったグラフじゃなくて、
手作りのお絵描きグラフでした。
パッと見た目にゃ、気づきません。
でも、
10秒で済む作業に、数時間かけたんでしょうね。
パソコン教室には行ったはずなんですが、、、。

呆れすぎて、怒る気にもなりません。shockcoldsweats02

2008年11月23日 (日)

くろがね線

今日は、川じゃないけど、戸畑区のど真ん中を通っている「くろがね線」の橋を見て
まわりました。smilesmile
;;σ(^ ^)、昔から橋が好きなんです。
;;なので、学校も以前の仕事も、もろその関連でした。lovely
;;「くろがね線」って、マニアの中では結構有名なんですね。

「くろがね線」は、「八幡製鐵炭滓線(たんさい)線」として、新日本製鐵が北九州市
戸畑区・八幡東区に昭和5年に敷設された延長約6kmの専用鉄道です。(下図参照)
昭和42年頃に「くろがね線」と名称変更したようですが、地元では今でも「炭滓線」
とか「鉱滓線」と呼んでいます。
;;σ(^ ^)も「鉱滓線」と呼んでいました。
赤線がくろがね線
トンネルは「宮田山隧道」

南には金比羅公園地区。



ただ、σ(^ ^)この線路の成り立ちには多少の疑念を感じていました。shockcoldsweats02
海岸線沿いを通した方が、内陸部を通すより費用がかからないと思います。
それなのに、何ぜ1200mもの宮田山トンネルまで掘ってまで通したのか謎でした。
当時の写真を見ると畑の中を通っていますが、それでも海岸線沿いの方が安くあがると
思います。
資材や鉱滓を運ぶ目的以外に、別の目的が有った?のではと思っていました。
今日歩いてみると、何故か、沿線は新日鉄の社宅やその跡地だらけです。
そして年配の方から、昔はこれで通勤してたとお聞きました。
昔は途中の所々にプラットホームがあった由。
畑しかないそのど真ん中に何故に線路を通したか、その意味が判った気がします。smilesmile
結果、鞘ヶ谷にあれほど大きな社宅群を作れたのでしょうね。

通称「ワニ電」
どてっ腹に緑のワニが
描かれています。

宮田山トンネル手前の尼堤橋より

10年ほど前までは複線でした。




南戸畑橋より。
遠くに見えるのは金比羅山


くろがね線の沿線橋一覧(戸畑地区)
宮田山トンネル
尼堤橋・・・・・・・昭和60年12月
(福柳木橋)・・・・塗装:平成18年9月
西岩ヶ鼻橋・・・・・昭和60年1月
東岩ヶ鼻橋・・・・・平成4年3月
空橋・・・・・・・・昭和56年3月
(地下歩道隧道)・・一枝幼稚園お絵描きギャラリー
(南一枝橋)
(中一枝橋)
(北一枝橋)
(百田橋)
(南土取橋:閉鎖中)
(中土取橋)
(北土取橋)
跨線歩道橋
南戸畑橋・・・・・・平成12年6月
中戸畑橋・・・・・・平成6年3月
北戸畑橋・・・・・・平成9年3月
向江橋・・・・・・・平成7年3月
塔の元橋・・・・・・平成2年3月
新堤橋・・・・・・・うさぎと亀の物語
中原跨線橋・・・・・1986年3月
てくの大橋 ・・・・平成3年7月
(堀川橋)
新日鉄戸畑構内smilesmilelovelyshocksmilecoldsweats02

戸畑あやめ

”戸畑あやめ”の育て方講習会

日 時:11月29日(土) 午後2時〜午後4時半
場 所:大谷市民センター

の、案内が来ました。

楽しみですね。smile

って、?、休みじゃないが、仕事じゃが、、、。coldsweats02
あらーー、、、、、どしょ!?shock

2008年11月22日 (土)

来年の1月末で、σ(^ ^)のこのブログが無くなります。(^ ^;;)

この Q-ring ブログは、
サービス開始された平成17年9月よりお世話になってます。
幾つかのブログを試し、結果、ちょこちょこトラブルはあったものの、
今の Q-ring に落ち着きました。
が、昨日、突如、次のメールが、、、、

「Q-ring会員さま

  平素はQ-ringをご利用いただき誠にありがとうございます。
  このたび、Q-ringのブログを除く全サービスを2009年1月を
  もって、終了させていただくこととなりました。
  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
  」

えーっ!? うそーっ!?  お先真っ暗じゃん???  shockcoldsweats02
早よ、バックアップ取らにゃ、、、、、

と思ったら、次がありました。

  「現在Q-ringブログをご利用されている会員さまのブログ記事・
   画像等は、お手続きなしで新しいBBIQブログに移行されます。」

全く無くなるんじゃなくて、
 Q-ringブログ → BBIQブログ に移行
されるんですね。安心しました。smilesmile
機能も拡充され、容量も4GBまでに拡充されるようです。smile

ただ、来年1月の中旬から末までのシステム移行期間、
閲覧はできても、投稿ができません、、、。shockcoldsweats02

ま、しょうがないですね、、、。

Ubuntu-ja-8.10 インストールメモ


前回は、何となくインストールしてそのまま使ってしまいました。
そのため、設定関係は、ほとんど覚えていませんし、記録も取っていませんでした。
今後も使いつづける可能性があるので、今回はきっちり取りました。

オリジナルのISOイメージでのインストールは完全日本語環境とは言えませんでした。
ので、Ubuntu Japanese Teamの
http://www.ubuntulinux.jp/download/
から、日本語 Remix CDのダウンロード を選び、
ubuntu-ja-8.10-desktop-i386.iso(CDイメージ)
を取ってきてCDに焼き、直接インストールを行いました。

直接インストールは、インストール方法選択画面で↓キーで、
 インストールする(I)
を選択し、Enterで始まります。
そこそこPC判る方なら難しいような所はないでしょう。たぶん。
パーテーションの設定は、
既存データを継続維持するために「手動」を選んで、

/dev/sda
/dev/sda1 ntfs        41,943MB ・・・WindowsVista C:
/dev/sda2 ntfs           41,943MB ・・・WindowsVista D:
/dev/sda3 ext3 v /boot 1,044MB ・・・フォーマット
/dev/sda5 ext3 v /   231,985MB ・・・フォーマット
/dev/sda6 swap swap 3,142MB
/dev/sdb
/dev/sdb1 ext3   /home 500,105MB ・・・維持継続
/dev/sdc
/dev/sdc1 ext3   /free 500,105MB ・・・維持継続
で、インストール直後の使用状況は
$ df
Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/sda5 222992872 2407868 209257576 2% /
tmpfs 1036160 0 1036160 0% /lib/init/rw
varrun 1036160 88 1036072 1% /var/run
varlock 1036160 0 1036160 0% /var/lock
udev 1036160 2812 1033348 1% /dev
tmpfs 1036160 104 1036056 1% /dev/shm
lrm 1036160 2000 1034160 1% /lib/modules/2.6.27-7-generic/volatile
/dev/sda3 1004052 29812 923236 4% /boot
/dev/sdc1 473086160 37641544 411025416 9% /free
/dev/sdb1 473086160 29010716 419656244 7% /home
$

ほとんど空状態です。==>我が家でのσ(^ ^)の持ち物状態(軽トラでも余る?)  shocksmile
再起動でインストールは終了です。

ネットワーク接続が自動確立されないならば、手動でネットワークの設定です。
これが確立されてないと、後先どうもこうもなりません。
「システム」→「設定」→NetWork Configurationにて手動設定。

ネットワーク接続が確立されると、
すぐにアップデート通知が来ますので、即アップデート。
そして、再起動。(たぶん)

次は、ビデオカードの設定。
ビデオカード(GeForce PCX 5300)の認識はするのですが、
ドライバーはネットワーク確立後にアプリの追加と削除からインストールしないといけません。
Video Card Driver: NVidia binary X.Org driver ('version 173' driver)
をインストールし再起動すれ最高解像度まで対応します。smile

当然、3D画面設定しています。
Windowは、
開け・閉じるは、ボワーッと燃えて開閉しますし、lovely
動かせばユラユラ揺れますし、lovely
終了させれば紙飛行機になって飛び去ります。lovely
デスクトップは、
4画面設定をしていますが、
画面移動すればCube形状で回転して入れ替わります。lovely
マウスのホイールボタンでもくるくる回転移動します。lovely
非力なビデオカードですが、サクサク動いています。smile
;;おまけで、時には途中で止まる?トラブるもあります。

そうそう、前回はIPAフォントを手動でインストールしましたが、
日本語 Remix CDイメージには標準で装備されてました。smile

Ubuntuは、アフリカの言葉で「他者への思いやり」や「皆があっての私」といった意味だそうです。lovely
良い言葉ですね。好きです。smile

2008年11月21日 (金)

あらっ? リリースされてたのにやっと気づいた、、、


そろそろ Fedora10 のリリース時期です。
Fedora9 はバグリリースだったので、Fedora10 を期待していました。
リリース日は11月25日です。もうすぐです。

と、思っていたら、
Ubuntu 8.10 がリリースされていました。shock
うそっ!!

と思って、気づいたら、、、、

既に画面は、
「Intrepid Ibex(大胆不敵な野生のヤギ)」
になってました。shocksmile

当然、3D画面設定しています。
Windowが閉じて紙飛行機になって飛び去る直前の様子が判ります? shocksmile

2008年11月16日 (日)

十月桜と山茶花


今日は、おとなしく戸畑1万歩コース+町内1周で済ませました。
もう11月も半ばになっているのに、今年はお花が多いですね。
あちこちで一杯咲いています。もしかして春?みたいな感じ。
金比羅山系では山茶花が満開でした。

今月初めに紹介した珍しい「十月桜」もまだ咲いていました。
優雅な花です。

美術館に来ていた、若くて可愛い娘っ子2人が、
「これ何の花?」
と不思議がっていました。
ので、
「これ十月桜と言って今頃咲く冬桜の一種。」
「同じ花房に白とピンクの花が独立して咲いている珍しい木。」
「これ見れたから、きっと幸せになれるよ。」
と教えてあげました。
それを聞いて、二人とも喜んでいました。
今日は、良いことをした!! smile

あと、珍しく、画像の修正を行っていました。
気に入った良い絵が見つかりましたので。smile

2008年11月10日 (月)

門司往還の路程です。


昨日の門司往還の路程です。
常磐橋西勢溜(橋詰)から、大里宿一里塚標石跡碑までです。smile
赤線が現在残っている門司往還の跡(実際歩きました)。
赤点線が消えた所です。
青線が道が消えていますので迂回した道です。shocksmile

2008年11月 9日 (日)

門司往還

一里塚と長崎街道の最後の仕上げで門司往還を確認してきました。smile

小倉「常磐橋」の西橋詰から門司大里の番所前の海岸まで。
迷うことはありませんでしたが、
?無い、、、、?切れてる、
、、、?消えてる、、、、状態でした。shock

高浜と赤坂はほぼ消えています。shock
万葉集にも詠まれている白浜松原は明治以降に消えましたが、
道そのものも消えてしまっていました。
松原からようやく形を見せますが、昔の面影はありません。shock
現大里駅付近からようやく古の雰囲気を感じることができました。
ものは残っていませんでしたが、史跡として、
豊前大里宿跡、一里塚標石跡、人馬継所跡、御高札・南部屋跡、
重松彦之丞屋敷跡、御在番役宅・浜郡屋跡、御番所跡、本陣(お茶屋)跡、
大里村 庄屋 石原宗祐屋敷跡、(西生寺)判行寺石碑跡、永野九助屋敷跡、
等の碑が宿場内に建てられています。

一番嬉しかったのは、
一里塚の起点である大里の一里塚の標石跡があったことです。
長浜の一里塚跡は無かったのが残念です。

これで、
長崎街道・門司往還と北九州市内の一里塚関連は全て終わりました。smile

Webの整理も終わりました。v(^ ^)smile



宿









2008年11月 5日 (水)

Webのカテゴリーを追加

あちゃらこちゃらをうろちょろした結果、
MyWebに新たなカテゴリーが追加されました。

 ・国境石
  ↓
 ・国境石
 ・長崎街道と一里塚

ただ、心配なのは、shock
行動範囲がだんだん広がってきていることです。
結果、今後、カテゴリーが増える?

容量足るんじゃろうか、、。shocksmile

2008年11月 4日 (火)

長崎街道 その4

取り合えず、忘れないように、
小倉常磐橋から木屋瀬までの主な行程を整理してみました。smile

 1 常磐橋
  ・小倉の五街道(長崎街道、唐津街道、中津街道、秋月街道、門司往還)の起点。
  ・伊能忠敬が九州測量を開始したその測量起点。(東勢溜に測量200年記念碑)
    1級都市基準点 第2001号。
  ・常磐橋の由来、小倉藩士屋敷絵図、シーボルトの常磐橋銅版画。(西勢溜)
  ・明治23年頃の「広告塔」のモニュメント。(東勢溜)
  ・長崎街道由来(西勢溜)
  ・常磐橋之跡碑と石の橋脚(西勢溜)
  ・西国内海名所一覧の常磐橋(西勢溜)
 2 小倉県庁ノ跡碑
 3 明治4年の長崎街道の長崎郵便役所と16の郵便取扱い所由来と当時のポスト
 4 安国寺
 5 到津口門跡
 6 清水口門跡
 7 善龍寺
 8 法輪寺
 9 水かけ地蔵尊
10 大満寺塩買観音
11 九州鉄道茶屋町橋梁
12 荒生田の一里塚跡碑
13 三条の国境石
14 大蔵の長崎街道跡碑
15 国境石2基(八幡東図書館構内)
16 前田の一里塚跡碑
17 海蔵庵と東構口跡
18 黒崎城址
19 櫻屋跡地碑
20 黒崎宿人馬継所跡碑
21 春日神社
22 願かけ地蔵
23 黒崎宿 代官所之跡碑
24 黒崎宿案内、藤田町女性の会の♀狸像
25 正覚寺
26 黒崎宿案内(藤田銀天街)
27 なかばし川橋跡
28 熊手七福神
29 輿玉神
30 岡田宮
31 西構口の六宿街道碑
32 曲里の松並木
33 曲里の街道案内
    九州の主要街道
     ・長崎街道、薩摩街道、唐津街道、日向街道、日田街道、豊後街道、中津街道、豊前道、出水筋、大口筋
34 幸神地蔵堂
35 幸の神
36 幸神の一里塚跡碑
37 古街道碑(幸神3丁目9番)
38 京良城池
39 上津役村初代村長芳賀浩太郎顕彰碑
40 上津役村出張所(旧村役場)跡碑
41 上津役小学校
42 蛭子神社と地蔵堂
43 涼天満宮
44 やから様
45 蛭子神社
46 旧長崎街道案内(八児まちづくり協議会)
47 西法寺
48 地蔵尊
49 小嶺の一里塚跡碑
50 長崎街道案内
51 立場茶屋銀杏屋
52 各務弥三太夫一徳 墓案内
53 石坂
54 輿玉神
55 石坂橋と旧欄干柱
56 波切地蔵堂
57 もうひとつの大きな地蔵堂
58 香徳寺
59 大日堂
60 茶屋の原の一里塚跡碑
61 明治4年の長崎街道の長崎郵便役所と16の郵便取扱い所由来と当時のポスト
62 木屋瀬宿東構口跡
53 木屋瀬宿 案内
54 郷土資料館
55 船庄屋跡
56 村庄屋跡
57 木屋瀬宿西構口跡
58 追分道標
59 輿玉神社
                    以上

写真の整理が大変そう、、、、。coldsweats02
するとしたらの話ですが。shock

2008年11月 3日 (月)

恒例の「歩こう会」

今日は町内恒例の「歩こう会」です。

σ(^ ^)は、何故にか体操係と先導役です。
本当は、気楽に歩きたいのですけどね、、、、。
来年は誰かにバトンタッチです。

うちの町内の半分は高台にあり、
普段から坂の上り下りの日常で、
足腰鍛えられています。
なので、なぜに「歩こう会」と不思議です。

と、思っていましたが、
一番は、楽しいしゃべくり、
次は、気持ちの良い樹海歩き、
そして、ちょっとした遠足気分、
だそうです。
みんなでワイワイ話しながら歩き、
みんなで食べるお弁当、
それが楽しいのだそうです。smilesmile

美術館の十月櫻が咲いていました。
とても優しいピンク色をした綺麗な木です。
十月櫻


珍しい木で、ピンク色の花、白色の花が、
一つの花房の中に写真のように独立して咲いています。
十月櫻の花房



今日も元気な子供たちが参加です。
元気に飛び跳ねてました。
でも、今年は20人位とちょっと少なかった。
子供たち

可愛い子供たちです。smilesmile

でも、今日は、その後、
昨日の写真の整理で残りの時間は潰れてしまいました。shock

2008年11月 2日 (日)

長崎街道 その3

写真が全部復旧しました。smile
茶屋の原で何かの拍子にカメラのモードを変えたみたいです。shock
通常のインテリジェンスモードにしたら復旧しました。
全500枚の写真を取り込み終えました。smile
ほっとしています。
で、今日の結果は良いことだけになりました。!!smile

寝るはずでしたが、
これから時間を巻き戻して写真を眺めます。smile

長崎街道に埋め込まれた
金属プレートです。

プレートは、上り方向(小倉)に設置されています。
σ(^ ^)は下り方向(長崎向き)でしたので逆になってます。shock

一時は諦めた小嶺の一里塚跡の写真です。もろ国道沿い。
小嶺の一里塚跡

長崎街道 その2

長崎街道、さすが400年の歴史ですね。
お堂の多いこと多いこと、、、、。
最初はお賽銭に100円上げてましたが、、、、
とてもじゃありません。両替も間に合いません。smile
で、とちゅうから10円に、、、。
それでもお賽銭に3千円くらいは使ったようです。smile
ま、その分、ご利益も多いでしょう! きっと。smile

道筋は昨日Googleで当たりをつけていました。
いざという時の為に、地図も八幡東区の中央町で買いました。
が、仕事柄、地理は頭の中に入ってます。
;;そうそう、中央町で「企業祭」やってました。
;;餃子祭りもやってましたので、
;;ビールとで早めのお昼にしました。

判り辛かったのは、
大門→到津口、茶屋町→荒生田の2ヶ所でした。
それ以外は、
歩道が赤こげ茶に塗られているのと、
「長崎街道」というプレートが埋め込まれている、
ことで判りました。smile

明日は、早くから町内会の「歩こう会」です。
明日にそなえて、これからもう寝ます。shock

長崎街道

今日は、良いことと最悪な事が重なった、、、。smileshock
良いことは、
先日から国境石を探していて、
長崎街道の一里塚に出くわしました。
それ以来、長崎街道を歩いてみたいなぁ、、と。
今日明日と2連休。
明日は、町内の「歩こう会」で行けません。
で、今日、決行しました。smile
下図がその行程です。
行程

小倉「常磐橋」を出発(9時半)、
大門→清水→荒生田→三条→前田→黒崎宿→曲里の松並木
→幸神→小峰→銀杏茶屋→石坂→茶屋の原→木屋瀬(17時)
帰りは、木屋瀬→黒崎(電車)、黒崎→菅原神社(バス)。
帰宅したのは19時40分でした。
取り合えず、北九州市内の長崎街道は踏破しました。
茶屋の原の一里塚跡

途中、黒崎の城山に登ったりしましたので時間を喰いました。

で、次は最悪の事、、、、。
茶屋の原の一里塚以前の写真が全てパー、、、、。
原因は??です。
2Gのメモリに記録されていず内臓メモリのみに記録。
木屋瀬近辺の写真だけが残りました。
一杯あちゃらこちゃらで写真を撮ったのに、、、。shock
木屋瀬の追分道標

木屋瀬では16回目(?)の宿場祭りをやっていました。
が、着いたのが5時過ぎでしたので、
街道筋の古民家を見物しただけです。
ほんと綺麗な落ち着いた街並みだと思いました。
それと、
黒崎から木屋瀬までの「歩こう会」イベントもやられたそうです。
相当な人数参加された由。
でも、
小倉常磐橋からはるばる来たのはσ(^ ^)だけでした。
;;小倉常磐橋が長崎街道の起点です。

途中の写真が全部パーとは、「もう一度行け!」ちゅうことでしょうね。
やったりましょう!!
くそっ!

;;小峰の一里塚跡の写真が消えたのが一番痛い、、、。

MyWeb

ウェブページ