« 境川の橋一覧 | メイン | 天気は雨なれど、収穫は有り »

2008年10月 1日 (水)

もっと生きてて欲しい人、、、、

面識はありませんが人づてに聞きました。

障害を持った子供さんと一緒に頑張ってたお母さん、

不治の病で亡くなられたそうです。

もっともっとやりたいこと一杯あったでしょうに。

生きてて、頑張って欲しい人なのに。

残念です。

心よりご冥福を祈ります。

けど、神様、薄情すぎます。

涙が溢れて止まりません、、、、。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/393984/18050314

もっと生きてて欲しい人、、、、を参照しているブログ:

コメント

私も息子を失った時 同じ思いをしたことを思い出します。死んでもいい人間なんて居ませんが、本人に責任の無い病気で死ぬ事は色んな事を考えさせられます。正直「訳の解らない理由で犯罪を起こす人間と変わって欲しい」と思ったものです。息子の死から二十猶予年・・・ 同級生だった子は今では立派に成人して後取りになった子も居ます。「お父さんの仕事を継ぐ」と云っていた息子 生きていれば元気な孫にも恵まれたでしょうに・・・神も仏もありませんね。

神様は 薄情な時がありますよね。彼女が「余命1か月」と宣告された時の気持ちを思うと悲しすぎます・・命の尊さを感じています。

濱野さん、キラさんへ>>私の父も私が3歳の時に亡くなりました。間際まで母に私と弟のことばかり言ってたそうです。「子供を頼む、すまんな。」と。31歳でした、若すぎます。どれほど無念だったかと思います。それを思うと、、、、。「そこに命があるだけでも奇跡」だと思います。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

MyWeb

ウェブページ