« 2008年8月 | メイン | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

境川の橋一覧

先日、境川を遡ってみました。

境川の全水面を撮影してきました。ついでに橋も。
その橋一覧です。

境川(さかいがわ)は、小倉北区と戸畑区の境を金比羅池を源とし、
南から北へ流れ、響灘に注ぐ市街地河川です。
総延長は3000m弱ほどしかありません。
流域の殆どをコンクリートで固められた用水路的な河川です。
川の水も汚くはないですが、綺麗というほどでもありません。
唯一河口近くになって親水的な施設が付けられていますが、親水公園とまでは、、、、。
ですが、
下流域はかなりでかい錦鯉が放流されており優雅に泳いでいます。smile
名前の由来は、豊前の国と筑前の国の国境を流れていることによります。

橋は単純なものが多く、欄干の飾りなど全く有りません。
橋自体は単純なものばかりです。

上流より
 1 金比羅橋  
この間300m程暗渠になって、戸畑バイパスを潜って一枝のサンリブのすぐ側に。
 2 名無し橋            これから先はU字形コンクリート
 3 帯田橋    昭和40年10月
 4 小戸橋    昭和33年10月
 5 一枝橋    昭和37年6月
 6 両国橋    昭和33年3月  豊前と筑前の両国に架かっている橋の意味でしょうね。一枝線。
 7 百田橋    昭和40年10月
 8 持田橋    昭和34年3月
 9 上境川橋   
10 中井橋    昭和38年9月
11 新中井橋   昭和53年1月
12 貴船橋    昭和32年9月 これまではU字形コンクリート
13 上中原橋   昭和44年1月 ここから河口までは親水公園になっている。錦鯉。新池・日明線。
14 宮川橋    昭和34年6月 錦鯉
15 八幡橋    昭和38年3月 錦鯉 中原八幡宮の側の橋
16 磯とり橋   昭和43年3月 錦鯉
17 中原橋            錦鯉 三六・日明線に架かる橋
18 JR鹿児島線の橋
19 灘見橋   国境石の手前の橋 錦鯉

これより河口側に3つ程橋があります。が、灘見橋が旧海岸線最後の橋です。  

2008年9月28日 (日)

お地蔵様たち

我が家の回りのお地蔵さま達には気づいていました。
が、歩き回るにつれ、あちゃらこちゃらに一杯居られます。
これだけたくさん居られる地域は他には知りません。
で、お地蔵さま達だけをまとめてみることにしました。
σ(^ ^)が住んでいるこの地域は信仰心の篤い地域なん
でしょうね。盆踊りは今でも盛んに行われています。
ただ、、、、お賽銭が、、、、、。

お地蔵さま達マップ

 1 「天賀城主の墓と姫六地蔵」
 2 「厄除地蔵尊」
 3 「お抱え地蔵」
 4 「六地蔵堂(白粉地蔵堂)」
 5 「火除延命地蔵堂)」
 6 「天籟寺市場地蔵堂と庚申塔(庚申塚)」
 7 「六地蔵堂(石槌)」
 8 「畑の観音堂」
 9 「六菩薩」
10 「十一面観音堂」
11 「庚申塚」
12 「水子地蔵」

探せばまだ多く居られることと思います。smile

詳しくは「我が街百選」に置いています。smile

2008年9月27日 (土)

全部確認してきました!!


全部確認してきました!!
って、
何がかと言うと、国境石です。
現地資料では、図書館に2基、市民センターに1基となってます。
八幡東区では両者隣どうしですからすぐに、、、、、、
と思ったのがどつぼの始まりでした。shock
八幡東区の図書館の2基はすぐに判りました。
(従是)東豊前国小(倉領)
八幡東区図書館

(従是)西筑前国
八幡東区図書館


が、市民センターの1基が見つかりません。shock

散々探し回った挙句、市民会館に尋ねてみました。
尋ねてくるのσ(^ ^)だけじゃないですね。
ちょくちょく来られるとのこと。
でもここには無いとのことでした。
でも、”市民センターに移設”と説明書があります。
それも、教育委員会名で、、、、、。

八幡市民会館の館長さんとあじゃこじゃと議論、、、。
で、隣の図書館で市の資料調査をするハメに。
探すこと1時間。
近い記事として、
「西区にあったものを八幡西市民センターに移設」
とあります。
東区にあるはずの国境石が何で西区に????shock
の疑問だらけです。
館長さんも「そんなの考えられない。」と言われます。

が、行くだけ行ってみました。
八幡西区相生町の旧八幡西市民センター(現八幡西区生涯学習センター)へ。

結果、センターの玄関前にしっかりありました。smile
なぜここにあるかの由来も書いてありました。
八幡東区の高見5丁目の福祉公園内にあったものが、
陣原に移されて、ここに保存されたと。
何故?の疑問は残りますが、有って愛でたしです。
八幡東区市民会館の館長さんにも結果報告しておきました。smile
従是西筑前国
八幡西生涯学習センター

2008年9月25日 (木)

ついに終わった!!

今日、子供山笠の最後の役員会です。
今季の決算報告でした。
今年は山笠の新調を行いましたので、
大きな額の決算になりました。
でも、監査報告も終わり、承認されました。
これで、今年の仕事が全部終了いたしました。smile

きつかったですが、
いっぱいいっぱいみんなの、そして子供の笑顔が見れました。smile
感謝、感謝の子供山笠でした。smile

来年は、御旅所も変わると思います。
コースも変わるでしょう。
来年は、椎ノ木の一番上まで上りたいですね。smile

今11時。
欠席された役員さん方へ決算報告書を届けてきました。
これで、今年の仕事、すべて無事終了です。 smile

MySQLレプリカサーバの障害

先日、サーバOS(CentOS)のアップデートを行いました。
で、昨日、サーバのチェック。
????
レプリカされてない!? ウソッ!! shock
何も変更はしていません。なのに障害発生?!
で、否が応でも原因究明せにゃなりません。
このくそ忙しい時期に、ほんと、、、。shock

エラーログを見るとI/Oスレッドが死んでます、、、、。
「マスターログの在り処が判らない!?」ということのようです。
で、もう一度設定のやり直しをやってみることにしました。
スナップショットも取り直しです。
mysql 》 SHOW MASTER STATUS;
で、????
以前のマスターバイナリファイルと異なります。
以前は、
”masterservername”-bin.000001
だったのが、
mysqld-bin.000001
となってます。
在り処も /var/run/mysqld/ になってます。
以前はデータべースの在り処だったのに、、、。???。
仕様が変わった??
スナップショットを展開し、MySQLを起動し、

mysql 》 CHANGE MASTER TO MASTER_HOST = 'マスターサーバー名' , MASTER_PORT = 3306 ,
MASTER_USER = 'レプリカユーザ名' , MASTER_PASSWORD = 'レプリカパスワード' ,
MASTER_LOG_FILE = 'mysqld-bin.000001',MASTER_LOG_POS = 98 ;
Query OK, 0 rows affected (0.21 sec)

mysql 》 START SLAVE;


で、レプリカ開始されました。
バイナリーファイルの在り処を、
/etc/my.cnf の [mysqld] に明示的に
log-bin=/home/database
としようかとも思いました。
それに、
レプリカが2台稼働していますので、
やっても良いのですが、
怖いので止めました。shock

2008年9月23日 (火)

うそっ!! バカでか錦鯉!!

今日は仕事で熊本の菊池市まで行ってきました。
無事受注できました。
帰りに馬刺しを食べようと思ったら、、、、、、
お土産屋さんはあってもレストラン有りません。shock
よくよく聞くと、今は、
旅館とか料亭以外ではなかなかとのことでした。
午後の3時過ぎには帰宅しましたので、いつものお散歩です。

これまで4ヶ所で国境石を見つけましたが、
全部筑前のものばかりです。
豊前のものがないのが今一でした。
が、有ることが判り早速確認しに行きました。
それが、下の写真です。
「是れより東豊前の国小倉」
旧中原村に有った由。区画整理で現在の旧戸畑区役所前に。











旧戸畑区役所前にて


で、満足し、少し回り道して帰りました。
境川の遡りです。

途中、見事な橋の欄干のレリーフを見つけました。
鉱滓線のこと「くろがね線」とも言うんですね。
くろがね線南戸畑橋のあやめ

くろがね線南戸畑橋の提灯山笠


暗くなってしまいましたが、
境川河口から金比羅池まで全水面を遡上することができました。
境川は、
下流域が親水公園で、中流・上流域は普通河川です。
川の雰囲気は天籟寺川の方が豊かです。
が、親水公園の錦鯉にはびっくりしました。
間違いなく1m以上はあるバカデカ錦鯉。
まさに、カラフルな丸太ん棒が泳いでいるという感じでした。smile
もしかして棒?
中原橋付近で

2008年9月21日 (日)

お彼岸

今日も良く歩きました。戸畑区の半分は回ってます。shock
25kmは歩いたでしょう、それも登り下りで。

途中、また見事な透かし彫りに出会いました。smile
牧山高架橋のあやめ

竹下橋の竹垣

あやめ池のあやめ
と言うより紋の形は
どっちかというと杜若?
作った方、文目と杜若の違いを
知らなかったのかもshock
上の高架橋のあやめは
ちゃんとした文目紋になってます。smile

あやめは好きな花です。

お彼岸だけどもお墓参り出来てません。shock
代わりと言ったらですけど、
高峰霊園、三十一柱之碑、谷口霊園、中原霊園、
でお参りしました。

谷口霊園

中原霊園

smile

2008年9月18日 (木)

見事な欄干です!

昨日に続いて橋シリーズです。 shock (ハハハ、、、)

見事な欄干と思いません? smile

ほんと、
天籟寺川周辺の方々はユーモアと芸術への造詣が素晴らしいですね。
川を愛してる気持ちが伝わってきます。
だから、ホタルも飛ぶし鯉も平気で泳いでいるんですね。smile

ふれあい橋のホタル


猿渡橋のサル


高峰橋の鯉


向町橋の提灯山笠


2008年9月16日 (火)

「御馬橋」の由来

昨日、天籟寺川を探訪したとき、「御馬橋」なるものに出くわしました。
戸畑警察署の前の国道199号線に架かる橋です。

(ん? 何あれ?)

てな感じで気づいてビックリしました。

サティには買い物や映画で良く来ます。
そのたんびにこの横、車で通ってるんですよ!! shockshock
これまで何十回通り過ぎた?

存在すら、気づきませんでした。 shockshock

「御馬橋」の馬のブロンズ像
(牡馬)

「御馬橋」の親柱


「御馬橋の由来」
江戸時代中期、飛幡(現戸畑)は人工三千人の農業と漁業を中心とした村で、
筑前と豊前の国境に位置し、交通の要所でした。
 当時の「御馬橋」付近は、漁業を中心とする汐井崎地区と牧場を中心とする
畜産業営む牧山地区に二分されており、その二つの地区を結ぶために架けられた
橋が「御馬橋」です。寛政十二年(1800年)の架け替え工事が記録に残って
います。
 当時は、牧場を営んでいた牧山地区から多くの名馬が生み出されていました。
名馬で名高い、源 頼朝の愛馬「麿墨(するすみ)」も牧山地区で産出されたと
言い伝えられています。そして、まだ生まれて間もない仔馬を生産馬として売買
し、売買先の馬主に引き渡す場所が「御馬橋」でした。この橋の上で親子が引き
離された経緯と、牧山産の名馬が多く生産された経緯より「御馬橋」と命名され
たと記述が残されています。
   (遠賀郡誌・戸畑市史・古老による言い伝え)
 ここにある親柱がいつ頃作られたのか定かではありませんが、昭和四十七年に
「御馬橋」を架け替えるまでこの橋を見守っていたものです。
(説明書より)

2008年9月15日 (月)

天籟寺川と橋の調査

天籟寺川はホタルが飛んだり、鯉が泳いでいたりと、
良い河川だろうとは思っていましたが、
川の全体を知っているわけではありません。
全長わずか3400mほどの市街地河川です。
これがまた利根川みたいな大河ならはなから考えませんが、
短いので全流域を探検することにしました。
ついでに架かっている橋の調査も。

橋は以下のとおりでした。
上流より
 1 ほたるばし                (人)、懐しい木橋風
 2 いこい橋                 (人)、木造風太鼓橋 
 3 鞘ケ谷橋 昭和60年(1985)3月 
 4 なかよし橋             (人)、木造風太鼓橋 
 5 名無橋 グルメ街入口
 6 東鞘ケ谷1号橋 
 7 ふれあい橋 平成4年(1992)9月 ホタルのレリーフ
 8 福柳木橋                (人)、木造風太鼓橋 

  この間は天籟寺通りの下を流れる暗渠となっています。
  川藻による浄化ができない、川としては危ない地帯です。

 9 菅原橋 昭和37年(1962)12月 (人)
10 天神橋 平成4年(1992)6月 ギボシ
11 猿渡橋 平成元年(1989)5月 猿の透かし彫り
12 椎ノ木橋 平成3年(1991)3月
13 竹の下橋 平成2年(1990)3月
14 新池橋  平成4年(1992)3月
15 丸山橋 昭和43年(1968)3月
16 高峰橋 昭和61年(1986)5月 見事な鯉のレリーフ
17 沖台橋  平成3年(1991)3月
18 向町橋  平成2年(1990)3月 山笠の透かし彫り
19 相生橋  昭和62年(1987)5月
20 昭和橋  昭和55年(1980)3月
21 御馬橋 昭和47年(1972)3月 馬のブロンズ、由来と親柱
22 名無橋 ??
23 志ん川橋 
24 JR九州鉄道橋
25 JR九州鉄道橋
26 牧山橋 昭和55年(1980)6月
牧山橋より50m先が河口で洞海湾に注いでいます。

上流域は、ビオトープ河川。
ほたるの飛び交う小川です。
中流、下流は鯉の住む河川。
中流域は、錦鯉。
川藻もびっしりです。
下流域は、鯉。
一番最後の牧山橋付近でもでっかいのが泳いでいます。
小魚を狙ってか、中下流域には大型の水鳥が何羽もいました。

ゆったり泳いでいる錦鯉です


大きいですよ
あんパンなら一口ぱくりでした。

2008年9月14日 (日)

ウソッ!!最後なん、、、、

「うるるん滞在記」今日が最終回だったんですね。
好きな番組でした。
肌の色目の色言葉は違っても人皆同じ、を実感できる番組でした。
残念です。shock

2008年9月13日 (土)

今日も石碑探し、、、、。

石碑を探すのが性に合ってる? のかも、、、。smile
先日から石碑探しばっかりやってます。
今日は何の石碑を探していたかというと、
「国境石(こっきょういし)」
を探していました。smile
我が家の近くが「豊前の国」と「筑前の国」の国境に当たります。
国境を流れる「境川」もあり、戸畑区と小倉北区の区境にもなってます。
戸畑は筑前の国、小倉は豊前の国。

筑前黒田藩が設置したもので「従是西筑前国」と彫られています。
境川河口の国境石


金比羅池の国境石


高見阿弥陀院前の国境石


高見三条の国境石



北九州地区に13基程あったらしいのですが、当時のままに現存するのは
このくらいだそうで、あとは別の所に移管されていたり、
無くなってしまっているそうです。
貴重な歴史財産なんですね。

おかげで今日は正月でもないのに三社参りでした。
金比羅神社、高見神社、菅原神社と、、、、。
いつものように、
「今日もありがとうございました、明日からも宜しくお願いいたします。」
と祈願してまいりました。

高見三条の国境石から100m程のところに「荒生田(あろうだ)の1里塚」跡を見つけました。smile
荒生田の1里塚跡


今日、2ヶ月ぶりの健診でした。
結果、薬の服用がなくなりました。smile
町内の山坂歩きの結果ですね。

2008年9月 8日 (月)

大谷中、凄いですね!!

昨日知ったのですが、σ(^ ^)んち近くの大谷中学校。
なんと九州大会で優勝し、全国大会出場です。smile
凄いです。学校の校門に貼ってありました。
なんか「おっぱいバレー」みたい、、、、、。shock

ですが、行くのは、バレー部じゃなくて野球部です。baseball
どうなるか、結果が楽しみです。
楽しんできてもらいたいと思います。

フレー!フレー! オー!パイパイ! shock

ちなみに、「おっぱいバレー」読み終えました。
昔を思いだしほんと楽しかったです。
やってることはほぼ同じじゃなぁ、、、、と。shock
σ(^ ^)もクラス全員の女子にラブレターを出し、lovely
女子連に呼び出されてとっちめられました。shock
今思うと、良くもまあ20通以上も書いたもんですね。
感心します。smile 当然、手書きです。

来年の封切りが待ち遠しいですネ。smile

2008年9月 7日 (日)

やっと捜しあてました。

先週の日曜日、散髪帰りに立ち寄った鞘ケ谷小学校の掲示板。
そこに戦時中の悲惨な出来事の記録がありました。shock
鞘ケ谷小学校の掲示板

戦争が終わるほんの7日前の8月8日。鞘ケ谷地区が米軍の空襲を受け、
焼夷弾によって322戸が焼け、地域一帯は焦土と化し壊滅状態になった
そうです。そして、31名の方が亡くなられ、25名の方が怪我をされました。shock
昭和29年8月13日に鞘ケ谷運営協議会によって、
「鞘ケ谷戦災死三十一柱之碑」
が建てられたとのことでした。(54年前のことですね。)

散歩で怪しまれる程σ(^ ^)たいがいあちこちうろついています。
でも、こんな碑、まったく見たことありません。

で、今日、朝から探しまわりました。
歩きながら出会う年配の方々に手当たり次第聞きました。
が、
「そういう話、聞いたことはあるけど、場所は??」
と、場所の確認ができません。
辻から辻、林の中やヤブの中、と探し回りました。
が、そんなに広い地域じゃないのに、どうしても見つかりません。
あれから長い年月が経ちすぎてます。
地域一帯は15年程前から再開発され、
当時の面影を残している所はほとんど皆無です。

すでに無くなったのかもしれません。
仕方ありません、諦めました。shock
帰り道「光と風の教会」の良い写真を撮ろうと寄り道です。

その途中、花庭の手入れをやっているお婆さんがいました。
通り過ぎたのですが、ふと、もしやと思い、戻って尋ねました。
お婆さん:「はー、それなら、すぐそこにあるがー。」
     「その先曲がったところの板塀の中やがー。」
びっくり仰天です。すぐ行ってみました。smile














100m程先に有りました。
間違いなく、探し回った
 「鞘ケ谷戦災死三十一柱之碑」
です。smile

全体

お婆さんの話では、
亡くなられた方の数名は遺族が居られず無縁仏になられたそうです。
その方達も同じ場所に葬られたとのこと。
でも状況からすると、
無縁仏が葬られ、同じ場所に石碑が建てられた。
んじゃないかと思います。
普通、石碑等は目立つ場所に建てられると思うのですが、
ここはまったくそうではありません。

手入れされる方が居ないのか、荒れていました。
殆どの墓は倒れたままで、時の流れを感じさせられます。

外観

外観は、板塀に囲まれています。
側を通ったとしても、まず気づかないと思います。
σ(^ ^)はオープンにするか、
「鞘ケ谷戦災死三十一柱之碑」と、
判るように明示するのが良いと思います。
でないと、このままでは、
悲惨な「時代の記録」が間違いなく消えていきそうです。

確認後、戻って、お婆さんにお礼を述べ、帰途につきました。

帰宅後、山の神様に話すと、行ってみたいと言うので、
連れ立って参りに訪れました。smile

そうそう、場所は、
西鞘ケ谷町4番と7番の間の通り沿いの7番側です。
西鞘ケ谷郵便局の前の通りを200m程道なりに行った所。
鞘ケ谷小学校とは谷を隔てて向かい合う形ですね。smile

2008年9月 3日 (水)

マリと子犬たち

山の神様がDVDを借りてきました。

「マリと子犬たち」

新潟県の山越村の震災時の物語でした。

感動の涙が止まりませんでした。

人と犬、

姿形は違っても心の繋がりは同じなんですね。smile

MyWeb

ウェブページ