« 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

山登りで、車椅子に負けた、、、。

今週は雨や残業で散歩に行けなかった日が2日ありました。
ので、今日はその分を取り戻すべく大いに歩き回りました。
同じルートじゃおもしろくないので、逆ルートで回ってみました。

で、金比羅山での事です。
参道をオッチラオッチラと登っていると、
後ろからキュッキュッと変な音が近づいてきました。
何だろうと振り向くと、何と車椅子の外国人の男性です。
そして追い越されてしまいました。
今、中央公園の総合体育館で、
車椅子バスケ世界選手権が開かれており、
それに参加している選手の方でした。
こちらも頑張って何とか離されずに上り終えました。
参道の勾配はだいたい5%から6%位で、
むちゃくちゃ急ではありませんが、
それでも、車椅子でとは、凄いと思います。
上り終えて、境内でデジカメを撮ってあげました。
hpのデジカメ初めて見ました、あるんですね。

今日は、
途中のスピナマートで柿の実1個を買っていました。
それを、神社の境内で食べましたが、美味しかったです。
;; 柿は好物です。

下りでまたもや車椅子に追い越されました。
下りはとても敵いません。

そして美術館。
美術の森の散策を楽しんできました。
ここは、高見神社の裏山になります。
ので、榊系の樹木が多く、椿の木も一杯生えています。
この椿の実を採取するおばちゃん達がおりました。

それと、たまたまですが、
町内の子供たちが通っている小学校が判りました。
小学校を見るの初めてなんて不思議でしょうが、
本当の小学校は、建て替え中で跡形もありません。
隣の八幡東区の廃校に仮住まい中です。
その仮住まい中の校舎の側を通りました。

金木犀が咲いているのに気づきましたが、
夾竹桃がまた咲いたのにはビックリです。
我が家の紅カナメもまた一斉に紅い芽を出しています。
ツツジもおかしいし、、、季節が???です。

;; 勾配の+5%とは100mで5m上がる傾斜のことです。

2007年10月27日 (土)

出遅れました、、、。

今日は休みでしたが、午前中は仕事でした。
分譲マンションの入居説明会兼引き渡しです。
無事終わり、笑顔満面の皆さん方です。
1年以上も待たれている方は、喜びも一入だと思います。
こちらもほんと嬉しいです。
そのイベントも終わり、会社で明日の契約書を数通作成。
そして門司の飛行場へ。
着いてみると、羽田さんと森川飛行場長だけ。
午前中に、最後の芝貼り作業は終わって、皆さん帰られた由。
羽田さんと、滑走路周辺やゴルフ練習場の芝の種蒔をしました。
140平米の広さがどれだけかで、ちょこっとモメました。
が、σ(^ ^)はプロです、間違えはしません。
何んの事かと言うと、芝の種一袋4kgを140平米の広さに蒔く由。
かなり密に蒔く必要がありますが、
皆さん広さを勘違いされて、相当な薄さでした。
で、σ(^ ^)がしっかり密に蒔直しておきました。
来年はきっと密な芝が生えるでしょう。smile

それと、ヘリポートの上が泥だらけでした。
泥が着いたタイヤで車を走らせた結果です。
森川飛行場長とσ(^ ^)で綺麗に掃除をしておきました。smile

この方が羽田さん。今日は、写真機が斜めじゃったとクレームが。
撮り直したのがこの写真です。


芝が張られた滑走路


側に、バンカーとグリーンも出来ていました。
そしてヘリ格納庫の裏にはゴルフの打ちっ放し場が。

何しに行くか、、、、迷う、、、。sign02

ですが、新しい飛行場、
片道1時間、約20kmありますので、
毎週毎週は無理でしょうね。
隔週? 月一?くらいになるかもです。

2007年10月24日 (水)

いよいよ3日が「開港式」

飛行場の整備もほぼ終わったようです。
σ(^ ^)は、たった1日だけの手伝いでした。
綺麗な芝の飛行場になったと思います。
早く見たいですが、仕事の都合でなかなか行けません。

そして、ついに、3日、「開港式」です。
が、これも町内の行事でアウトです。
開港式なんて滅多に出れるもんじゃないですよね。
ほんと、一生に一度くらいなもの。
出たいですけど、受けた恩はお返しせにゃなりません。
残念ですが、仕方ないです。

満月?

今日のお月さん、まん丸でした。
もしかして満月?

長らく楽しませてくれた虫のオーケストラも、
とうとう店じまいになりました。
残念ですが、また来年、楽しませてくれるでしょう。

この前まで暑くて汗をかいていた夜の散歩です。
が、さすがに寒くなってきました。
なので、下は短パンでも上は長袖です。
ただ、途中で脱いで半袖になります。

今月のお散歩やっと100kmを越えました。

2007年10月21日 (日)

全文検索システムの構築 その2

昨日、SC形式の全文検索システムを構築しましたが、
この検索エンジンを使った直感的なGUIツールがありました。
MS-WindowsXX用のDesktopHEというツールです。
詳しくは調べていませんが、パーソナルユース?だけかも。
インストール、設定、使い勝手は、驚くほど無茶簡単です。
以下、使用の様子です。
インデックス作成画面


検索画面


目的のファイルを開いた画面

全文検索システムの構築

これまで会社や自宅でファイルサーバを利用してきました。
昔は、MS-WindowsNT4.0サーバで、
今は、Samba+Ldapサーバを。
システムの違いはあるものの、
ファイルサーバの難点は、
運用につれファイル量が膨大になり、
どこに何があるか判らない状態に陥ります。
終いには、昨日も今日も、捜すだけで半日潰した、、、、、
なんて事になってしまいます。
;; 過去ファイルに頼らず、最初から作った方が早かったりして。
これはいくら管理や仕組みを工夫しても無理です。
全文検索システムのようなものが必要になります。
不要なファイル等を定期的に末梢していました。
が、10年間もファイルサーバが稼働していれば、
有用なのもゴミも一緒くたになってしまいます。
しまいには何が何だかの状態、、、。
ここ数年何とかしたいと思いつつも、
どうしようもないジレンマに、
悩まされ続けていました。
ま、色んなツールが市販されてはいますが、
どれも使い勝手の良いものじゃありません。
使うためにまた手間を要するようなものばかり。

たまたま先日、ITフェアに行ったところ、
ファイルサーバのデモしているブースがありました。
Samba+Ldapサーバでした。
そこで、色んな話をしている中で、
膨大なファイル検索の悩みを話したところ、
良いツールがあることを教えて貰い、
試用デモも見せて貰うことができました。

で、早速、
自宅のファイルサーバに組み込んでみました。
サーバサイドのアプリです。
名前は、
 HyperEstraier、
全文検索システムです。
結果は、
業務でも耐えうる程の優秀なアプリです。 smile

下の画像は、MS-Windows Vista から
Sambaサーバに検索を掛けた画面です。

話は余談になりますが、研究分野の第一線は、
殆どLinuxが使われていました。

2007年10月18日 (木)

体重がまた落ちた、、、。

今日は、糖尿病の検診日でした。

・血圧 113/63
・血糖値  100(朝食後4時間)
・体重   61kg

で、体重が2週間でまた1kg落ちました。
;; 目標は58kgです。
検診間隔も3週間に。

「糖尿病健康手帳」(財)日本糖尿病協会 編
なるものがあるんですね。
看護婦さん:「手帳は持って来られました?」
σ(^ ^):「???」
看護婦さん:「ちょっとまってください!」
と引っ込んで、
看護婦さん:「これですけど。」
σ(^ ^):「???」
看護婦さん:「あらーっ!」
で貰えました。

そりゃそうと、糖尿病と診断されましたが、
尿検査で尿中に糖が出たことはないそうです。
まだ序の口で済んでいるそうです。
頑張らなや、、、。smile

2007年10月15日 (月)

おおたろう囃子

忙しくって、(って何が忙しい?)進んでなかった、
おおたろう囃子の採譜がほぼ終わりました。
後は、細かいところの微調整です。
当初は複雑なパターンかと思っていましたが、
耳が慣れるとちょこちょこ違うものの、
基本パターンは複雑ではありませんでした。

これで、
天籟寺大山笠の「おお上り」と「おおたろう囃子」の
譜面ができました。
時間があれば、
「獅子舞」と「居神楽」
も採譜してみようと思っています。

当面は、この2曲の太鼓で遊べます。 smile

2007年10月14日 (日)

小学生の非行。


今日は町内会のウォークラリー、主役は小学生達です。
基本は保護者付きですが、居ない子供たちの保護者代わりです。
小3の仲良し女の子3人とその小1の弟の4人のチームです。
;; 愛甲ちゃん、奥ちゃんに板原ちゃん姉弟。
;; みんな躾の良くできた子達です。
;; 板原ちゃんは弟の面倒を良く見る感心な子でした。

ボールビンゴ、グランドゴルフ、ペットボトルボーリング、
100マス計算、投げ輪等など。
いろんなゲームが町内の学校や公園などで行われています。
これを順繰りに挑戦攻略していくゲームです。
早さを競うのではなく得点を競うゲームです。
小3の女の子と小1の男の子にとって、運動系は苦手?
輪投げにいたっては、24点中たったの1点。
最初は「優勝狙う!」と言って張り切っていた子供たちも、
最後の輪投げで諦めたようです。
それでも上級生が多い中、約30組中19位でした。
良く頑張った方だと思います。

ゲームが終わってお昼ご飯、カレーライスです。
σ(^ ^)にゃ甘口なんですが、子供達には辛かったようでした。

そして、
子供相談所の先生の講演を聞き驚きました。
福岡県全体で、
昨年は小学生300人位が万引き等で補導されています。coldsweats02
そして北九州市は何と111人でダントツだそうです。
ちなみに北九州より人口の多い福岡市で36人程。
何故なんだろうと心が痛みました。

2007年10月13日 (土)

えっ?! もしかしてゴルフ場?

今日は、旧飛行場の片付け、新飛行場の設営作業でした。
旧飛行場の片付けは早めに終わり、新飛行場へ。
着いてびっくり、全面が広場になっています。sign01sign02
整備されるのは滑走路だけと思っていましたが、
全面が整備され、芝が植えられるそうです。
おまけにバンカー・グリーンも出来る由。
今日はバンカーが作られました。
が、アッと言う間もないくらいに出来ました。
それも当たり前といえば当たり前。
何と、
大型重機3台、中型1台、小型1台、大型ダンプ1台、
が入って作業がされてます。
滅法、大掛かりな土木工事です。
来年には、一面緑の飛行場になります。
おまけに、ゴルフの練習もできます。
σ(^ ^)もゴルフクラブ積んどこ、、。 smile

簡単なファイルサーバの設定

Unix と MS-Windows が混在した環境下では、
どうしてもファイルサーバが必要になります。
が、ビジネス用途ではありませんので、
NTドメインもアクティブディレクトりも必要ありません。
のでもっとも簡易なHOMEファイルサーバを設定しました。
セキュリティはユーザーレベルでの設定です。

samba-3.0.23c-2.el5.2.0.2
samba-common-3.0.23c-2.el5.2.0.2
samba-client-3.0.23c-2.el5.2.0.2
system-config-samba-1.2.39-1.el5
がインストールされています。
;; swatまで入れるほどの必要性はありません。

# vi /etc/samba/smb.conf
で以下を加筆修正。

[global]

unix charset = UTF-8
display charset = UTF-8
dos charset = CP932

# workgroup = NT-Domain-Name or Workgroup-Name, eg: MIDEARTH
# workgroup = MYGROUP
workgroup = HOME

# server string is the equivalent of the NT Description field
# server string = Samba Server
server string = Samba

# Security mode. Defines in which mode Samba will operate. Possible
# values are share, user, server, domain and ads. Most people will want
# user level security. See the Samba-HOWTO-Collection for details.
security = user


[public]
path = /home/pub
public = yes
writable = yes
guest ok = no
guest only = no
create mask = 0777
directory mask = 0777

次に、ディレクトリのパーミッションの確認。
前回作ったのをそのまま流用です。

# cd /home/
# ls -lFa
合計 96
drwxr-xr-x 11 root root 4096 10月 11 23:29 ./
drwxr-xr-x 23 root root 4096 10月 13 00:08 ../

drwxrwxrwx 5 root root 4096 9月 23 15:39 pub/

OKです。次は、設定内容のチェック。
# testparm
Load smb config files from /etc/samba/smb.conf
Processing section "[homes]"
Processing section "[printers]"
Processing section "[public]"
Loaded services file OK.
Server role: ROLE_STANDALONE
Press enter to see a dump of your service definitions

[global]
dos charset = CP932
display charset = UTF-8
workgroup = HOME
server string = Samba
log file = /var/log/samba/%m.log
max log size = 50
dns proxy = No
cups options = raw

[homes]
comment = Home Directories
read only = No
browseable = No

[printers]
comment = All Printers
path = /usr/spool/samba
printable = Yes
browseable = No

[public]
path = /home/pub
read only = No
create mask = 0777
directory mask = 0777
[root@eva home]#

#
問題無いようです。
次はSAMBAデーモンの起動と設定ファイルの読み込み。
;; 起動させれば設定ファイルは読み込まれます。
# /etc/rc.d/init.d/smb start
SMB サービスを起動中: [ OK ]
NMB サービスを起動中: [ OK ]
#

で、次は、unix_user を sambauserとして登録

# pdbedit -a -u doraemon
new password:
retype new password:
account_policy_get: tdb_fetch_uint32 failed for field 1 (min password length), returning 0
account_policy_get: tdb_fetch_uint32 failed for field 2 (password history), returning 0
account_policy_get: tdb_fetch_uint32 failed for field 3 (user must logon to change password), returning 0
account_policy_get: tdb_fetch_uint32 failed for field 4 (maximum password age), returning 0
account_policy_get: tdb_fetch_uint32 failed for field 5 (minimum password age), returning 0
account_policy_get: tdb_fetch_uint32 failed for field 6 (lockout duration), returning 0
account_policy_get: tdb_fetch_uint32 failed for field 7 (reset count minutes), returning 0
account_policy_get: tdb_fetch_uint32 failed for field 8 (bad lockout attempt), returning 0
account_policy_get: tdb_fetch_uint32 failed for field 9 (disconnect time), returning 0
account_policy_get: tdb_fetch_uint32 failed for field 10 (refuse machine password change), returning 0
startsmbfilepwent_internal: file /etc/samba/smbpasswd did not exist. File successfully created.
Unix username: doraemon
NT username:
Account Flags: [U ]
User SID: S-1-5-21-1462071231-583170741-244184605-2000
Primary Group SID: S-1-5-21-1462071231-583170741-244184605-513
Full Name:
Home Directory: \\server\doraemon
HomeDir Drive:
Logon Script:
Profile Path: \\server\doraemon\profile
Domain: *****
Account desc:
Workstations:
Munged dial:
Logon time: 0
Logoff time: Tue, 19 Jan 2038 12:14:07 JST
Kickoff time: Tue, 19 Jan 2038 12:14:07 JST
Password last set: Sat, 13 Oct 2007 01:34:57 JST
Password can change: Sat, 13 Oct 2007 01:34:57 JST
Password must change: Tue, 19 Jan 2038 12:14:07 JST
Last bad password : 0
Bad password count : 0
Logon hours : FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF
#
SAMBAデーモンの自動起動設定。
# chkconfig smb on
#
で、Linux と MS-Windows Vista、
と MS-Windows XP から共有フォルダー
が参照書き込みできるようになりました。マル。smile

ssh の再設定

マシンがようやく安定しましたので、設定の開始です。
まずはSSH。
サーバには、
openssh-server-4.3p2-16.el5
openssh-4.3p2-16.el5
openssh-askpass-4.3p2-16.el5
openssh-clients-4.3p2-16.el5
がインストールされています。

が、リモートマシンには以前のカスが残っています。
このままでは”keyが違う”と一蹴されます。
で、まずは掃除、そして設定です。
$ cd .ssh/
$ ls
known_hosts  ← これが以前のカス
$ rm known_hosts
$ ssh -l doraemon server -2
The authenticity of host 'server (192.***.***.***)' can't be established.
RSA key fingerprint is **:**:**:**:**:**:**:**:**:**:**:**:**:**:**:**.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added 'server,192.***.***.***' (RSA) to the list of known hosts.
doraemon@server's password: *******
Last login: Sat Oct 13 00:30:23 2007 from server.****e
[server ~]$ ls
Desktop PstgreSGLの設定070923.txt~ postgresql-8.2.5.tar.gz 銀行名.txt 社員住所録.txt
PstgreSGLの設定070923.txt postgresql-8.2.5 sshd_config 銀行名.txt~
[@server ~]$
と無事リモートログイン出来ました。 マル。smile

2007年10月12日 (金)

風邪をひいてしまった、、。

急に寒くなりました。
何も掛けずにそのまま寝ていたら、
風邪をひいてしまいました。 coldsweats02
夕方から鼻水ズルズルです。
おまけに熱っぽい、、、。
早めに寝て早めにおきました。(夕寝)
で、目覚めてすぐにお散歩です。
一汗かき、お風呂に入ったら、
風邪の症状は多少収まりました。 smile

また、新日鉄、大きな炎を上げていました。
虫のオーケストラも頑張っておりました。 smile
以上、マル。

2007年10月11日 (木)

やっぱり低スペックじゃ、、、。

サーバでちょこまか設定を始めました。
が、立ち上げ時に、
ちょいちょい、固まります???  coldsweats02
Linuxで固まるなんてまず経験ありません。
;; 実際は、Linuxは関係なく、BIOS段階で固まってます。
;; MS-WinXXじゃしょっちゅう固まってますが。

何度か固まった状態を観察すると、
メモリーチェックの段階でおかしくなるようです。
そして、ようやく気づきました。
実メモリとして600MB以上積んでいます。
が、完全ハングアップした時メモリ容量が違うことに。
500MB位しか表示されていません。
でも、前は確か600MB以上表示されてました。
どうもマザーボードのメモリ関連が怪しいようです。 shock

で、押入れの中をかき回してマザーボードの取説を。
ははは、、、、しっかり書いていました。
”トータル512MBを越えている場合、
 システムの起動中にハングアップしてしまいます。”
と、、、、、。  coldsweats02coldsweats02

3本挿していたのを1本抜いて512MBにしました。
そして、電源ON。ばっちり起動します。smile
結果、
数回繰り返しても問題無し。 smile
今は、
サーバ、何事もなく起動しています。smile

バカですね。
古い機器を扱う時は、
取説はしっかり読まんといけません。smile


2007年10月10日 (水)

お囃子

おー! 話に聞いたけんどよー、
こん前、山笠んCDを買うたっちゃほんとか?
おー! ほんとに買うたけんど、なしか?
うにゃ、こうてなんするんな?!
そりゃ、聴くに決まっちょろーが。
えー?! お前が聴いて喜こんじょるようなタマか!
なんか魂胆があるんじゃろーが?
やっぱ、判る?!

ま、聴いて楽しんでいますが、
本当の目的は採譜にありました。

「おおたろう囃子」と「おお上り」の採譜が目的でした。

「おお上り」の方の採譜が終わり、
今は、「おおたろう囃子」の採譜にかかってます。
こっちの方が少し調子が細かいので振り回されています。
が、ほぼ90%の調子は掴んでいます。
後は並びだけですか?

譜面があったらほんとに良いのですが、
大山の方に聴いても譜面は無いそうです。
で、しょうがないので自分で採譜です。
近いうちに終わるでしょう。 smile

2007年10月 8日 (月)

つくつく法師が、、

近くの夜宮公園にいつもの散歩に行きました。
毎日のウォーキングの甲斐?があって、
1月で血糖値も正常に戻り体重も2kg落ちました。
;; まだ薬は必要です。
大きな林の中に色んな施設が点在しています。
戦没者慰霊碑や弓道場や日本庭園や菖蒲池などがあります。
林と言っても幹径1mはある大木ばかりです。
地面は苔むして、緑の絨毯の感じです。
頂上には戦没者慰霊塔が立ち大きな広場があります。
春は桜、5月は菖蒲で綺麗です。
隣接して西日本工業倶楽部という大正時代の洋館があります。
アールヌーボー形式の素晴らしい建物です。
普段は閉まっており決まった時にしか中に入れません。
が、今日は何故か覗けました。
;; 本当は、潜り込めただけ?かも。
珍しいものとしては「なんじゃもんじゃ」の並木があります。
「なんじゃもんじゃ通り」という200m位の並木道です。
日本でも数ヶ所でしか見ることが出来ない珍しい木だそうです。

は置いといて、
何とツクツク法師が泣いていました。
ツツジも咲いていました。
もう10月半ばになろうかと言うのに、、、、。sign01sign02

MS-Windows Vista をインストール

MS-WindowsXPには泣かされっ放しです。
5年使っていますが、一向に進歩はありません。
その上、もうすぐサポートも終わります。
で、
泣いてても仕方ない!
同じ泣かされるんなら、もっと為になる方が良い。
なら、
放っておいた、MS-Windows Vista の方がまだまし?
と考えました。
で、7月に買ったままの MS-Windows Vista Business を
放り込みました。

までは良かったのですが、、、、、。
MS-WinはMBR(マスターブートレコーダ)を書き換える。
事を、コロッと忘れてました。 shock
バカOSですから、
他にもOSがインストールされてるなんて気にもかけません。
結果、
Vista しか立ち上がらず、
Fedora 7 は沈黙です。
ドジですね。
MBRの作り直しをせにゃならんハメになりました。
ブートローダーには GNU GRUB を使っています。
ので、GRUBを再インストールせにゃなりません。
が、Fedora は立ち上がってきませんので、
外部から何らかの方法で無理奴潜り込まねばなりません。
その方法としてレスキューモードがあります。

幸い、Fedora7のDVDを作った時に、
こういう時があるかも知れんと思って、
Fedora7 i386 Rescue CD も作っていました。
ま、無くても作りゃ良いだけですが、、、。

このCDを使っての復旧手順は以下のとおりです。

このCDから起動し、rescue モードを選択します。
起動すると、"#" プロンプトになりコマンド待ち状態になります。

# grub-install --recheck /dev/sda (ENTER)
Probing devices to guess BIOS drives. This may take a long time.
Installation finished. No error reported.
This is the contents of the device map /boot/grub/device.map.
Check if this is correct or not. If any of the lines is incorrect,
fix it and re-run the script `grub-install'.

(fd0) /dev/fd0
(hd0) /dev/sda
(hd1) /dev/sdb

#

で終わりです。

無事、Fedora 7 と Win-Vista のデュアルブート可能になりました。
その後、/boot/grub/grub.conf を編集し、
Win XP → Win Vista と変更しときました。 smile

2007年10月 7日 (日)

ようやく納得できるPCサーバになりました。

先日、まともなPCサーバを立ち上げました。
が、満足できない不本意なPCサーバでした。

と言うのは、
マシンスペックは、我家で一番貧弱なマシンです。
世代的には"MS-Windows ME"直前レベルのPCです。
;; 前世紀末に購入しました。
とても最新バージョンのサーバOSは無理です。
インストールすらまともに出来ません。
仕方なく前バージョンで我慢していました。coldsweats02

そしてやりたかったデータベース関連の作業を始めました。
が、何故かどうしても気力が湧きません。
インストール出来なかった事が、
何かしら割り切れない思いとなって、
心の中で引っかかっていました。
それがやる気のなさに繋がっていたんですね。
器械から笑われているみたいで、やっぱり悔しい。

で、今日、再挑戦です。
これまでの失敗で、原因の特定はほぼ出来ていました。
グラフィックカードの貧弱さに依るものでした。
今でこそ低スペックなカードになりましたが、
出た当時は”凄い!”とまで言われたBOODOO3です。
今はもう無いAGP仕様のカードです。
グラフィックカードから調達せねばなりません。
今のカードの主流はPCIー拡張バス。
ですが、付いているのはPCIバスまでです。
PCIかAGP仕様のグラフィックカードの調達です。
が、これがまた市場に出回っていません。sad
新品などありませんから中古品です。
あちゃらこちゃら探し回って、
ドスパラでようやく1枚のATIのAGPカードを見つけました。
幸いメモリーカードも2枚ほど別途に調達できました。

で設定し、インストール開始。

結果、
順調にインストールは進み、
グラフィックカードも支障なく起動し、
管理者でログインでき、
変更ファイルのアップデートも済みました。

今、目の前に 

  ”CentOS 5” 

のPCサーバが立ち上がっています。

  嬉しい!!!! smile

でも、改めてよくよく考えて見ると、
グラフィックカードは新たに調達したものの、
この低スペックマシン上で、
最新バージョンのサーバOSが稼働している、
こと自体が凄いと思います。
Linux には感謝感謝です。

これが MS-Windows系なら、
NT4サーバなら何とか稼働できても、
それ以降のではとても無理でしょうね。
;; NT4サーバーにはほんとお世話にりました。
;; これは使い勝手の良いサーバOSでした。
;; が今は、Samba3サーバにお世話になっています。
;; CentOS 5 は Red Had Enterprise Linux 5 と互換です。

また泣かされました。

MS-WindowsXP(SP2)にはほんと毎度泣かされます。 coldsweats02
ほんによー判らんOSです。 shock
複雑?迷路?継ぎ接ぎ?どこが幹でどこが枝?
ってな感じです。
できることなら、使いたくない!! 
が本音です。

なので、仕事でしかMS系OSは使ってはいません。
;; クライアントOSとしてです。
;; 仕事でもサーバは全てLinux系サーバです。

プライベートでは Fedora 7 を使ってます。
;; Fedora 7 って Linux 系OSです。
  (↓のデスクトップ画像参照)

でも、こんな訳の判らない MS-WindowsXX ですが、
それを使いこなしている方、頭が下がります、尊敬します。 wink
σ(^ ^)にゃそこまでの根性はありません。

2007年10月 3日 (水)

嫌になってきた

Q-ringのサブとしてmixiを利用しています。
先日、トップのデザインが変更されました。
までは良かったのですが、
嫌に重くなりました。

マシンスペックは上の上、
通信速度も上の上、
でこれだけ重くなるとは、、、、。
何か仕掛けられた?

MyWeb

ウェブページ